シロアリ発生の確認法

木の幹

シロアリ駆除を専門とする業者は全国各地に多数存在します。近所などに業者がある場合はそちらに相談、依頼すると迅速な対応が出来ます。
なかなか業者を見つけることが出来ない場合は、ネットで検索しましょう。業者によっては24時間年中無休で対応しているところもあるので、緊急時にはすぐ対応することができます。

シロアリの被害を感じ取る方法の一つとして、羽アリを発見する方法があります。時期によって羽を付けたアリが電球の周りを飛び回る場合があります。そのような場合にはシロアリの被害に合っていると考えてもいいです。
シロアリにも複数種類がおり、出現する時期も異なります。3月~5月の午前中に黒色の羽アリが出た場合はヤマトシロアリ。5月~7月の夜光に黄色の羽アリが出た場合はイエシロアリです。
他には5月~8月の夜にかけて発生するダイコクシロアリ、7月~9月の昼に発生するアメリカカンザイシロアリがいます。
そういった羽アリが発生した場合はすぐに業者へ依頼しましょう。

専門業者へ依頼する

専門業者へ依頼する

シロアリの被害が大きくなってくると、家の柱や束が沈下する減少が起き、歩いた際に軟らかい印象を受けることがでてきます。他にふすまや障子、雨戸の立て付けが悪くなります。
このような症状が起きた場合にはシロアリ被害が進行している可能性があるので、急速にシロアリ駆除を専門とする業者へ依頼しましょう。

こういった症状を見逃すと家を崩壊へ導く原因となります。シロアリの駆除には早期発見早期駆除が最善といえます。
業者によっては無料でチェック、診断、対策や駆除の見積もりまでを行ってくれる所があるので、築5年以上経っている家の場合は業者への依頼を推奨します。
業者はネットですぐに探すことができますし、中ではネット上でセルフ診断が出来るサイトもあります。

自分で家の状態をチェックすることでどれだけ深刻な状況か知ることが出来るので日頃の掃除等と兼ねて点検を行いましょう。

侵食される前に対策

侵食される前に対策

シロアリが発生していない場合でも、今後侵食される可能性が無いとは言い切れません。家を長く良好な状態で保つ為には対策も必要です。
シロアリは高温多湿を好むので、そのような条件が少しでもある家においては事前の対策を行なうことでシロアリからの被害を防ぐことが出来ます。

シロアリ対策、シロアリ駆除の方法は業者によって様々ですが、現在では薬剤を使用せず対策・駆除することも可能です。
薬剤を使用する場合でも、人体やペットに影響を及ぼすことはないので安心して依頼することができます。
逆に個人で駆除しようと市販されている薬剤を探すとなると多くの種類がありどれがいいのか分からないことや、子どもやペットに危険な場合が考えられるので心配な場合には業者に相談するようにしましょう。